健康・病気・安全 効率的な勉強法 食事・ミルク・母乳

頭が良くなる子供の食事

投稿日:2015/01/06 更新日:

食事でも記憶力などの学習能力は高められます。
その手助けを出来るのは、お母さんの作るごはんです。
効率よい食事作りを心がけたいです。

子どもの頭が良くなる方法

脳が大好きな食材

  • 食パンよりは白米
  • 納豆は脳の循環を良くします
  • 果物ではブルーベリーが、脳の疲労物質を除去してくれます。
  • 海藻では、脳に酸素を送る鉄が豊富なのはひじき
  • DHAを摂取したいなら、やっぱり青魚
  • 脳などを形作る神経細胞の細胞膜の酸化を防ぐビタミンEが豊富なのはカボチャ
  • お肉では豚肉がおススメ

子供がアホになる食習慣

  • 夕食時に叱る
  • 疲労物質を排除する食材が不足
  • 子供の好きな物ばかり
  • 清涼飲料水や人工甘味料を与える
  • 軟らかい食べ物が食卓に並ぶ
参考資料

 

  • 勉強欲を高めるためには十分な栄養を
  • 1週間の摂取食品数が多いほど記憶力アップ
  • 食事の乱れと学習意欲の低下は関係がある
  • 昔ながらの日本食が学力アップのカギ
  • できるだけたくさんの食品を使った料理で学力アップ
  • 朝食をしっかり食べて午前中の頭の働きをアップ
  • 朝食は洋食を食べている子より和食を食べているこの方が成績が良かった
  • 緑の野菜(ビタミンB1)たっぷりで記憶力向上
  • 夜食を食べさせるなら消化の良いもので勉強に集中
  • お受験前は大豆食品&青魚で実力発揮
  • 寝る間に、お砂糖の入ったホットミルクは脳に不可欠な神経伝達物質・セロトニンを活性化させます。
  • 脳にはオリーブオイルよりもごま油が良い
  • 学習効果や記憶力を高める魚類は積極的に摂取
  • 煮干しのカルシウム、ほうれん草の鉄は脳内の情報伝達を活発にする
参考資料

 

頭がよくなるごはん

頭が良くなる朝ごはん

  • 焼き鮭・にら卵味噌汁・トマトとじゃこのポン酢あえ・フレープフルーツなどの果物
  • ツナロールサンド・コンクリームスープ・わかめやひじきのサラダ
  • ドライフルーツ入りシリアル・オレンジジュースなど

 

パワーアップ・集中力をあげる脳力をあげるごはん

  • ウナギと長いもと長ネギの山椒炒め
  • 回鍋肉
  • 小イワシの南蛮漬け
  • レバーのつくね焼き
  • 鮭ちらし丼
詳しいレシピなどは

 

頭がよくなる栄養価

  • 1.炭水化物
    • 脳のエネルギー源で、消化・吸収がゆっくりで
    • ビタミン・ミネラル豊富な玄米・胚芽米・イモ類がおすすめ。
  • 2.たんぱく質
    • 脳やニューロンの材料で、植物性の大豆・大豆製品も
    • 米と摂ればアミノ酸がそろい、神経伝達物質の
    • 材料のレシチンが豊富で、育脳効果大
  • 3.DHA
    • 神経組織の構成成分で、生後10ヶ月過ぎたら
    • 積極的に青背魚を献立に加えましょう
  • 4.ビタミンB群
    • 神経の機能を発達させる。鮭・納豆・バナナ・さつまいも
  • 5.鉄
    • 脳に栄養を運ぶ。ひじき・切干大根・レバー・青菜
    • 動物性たんぱく質やビタミンCと一緒にとると吸収率が高くなるそうです。
  • 6.カルシウム
    • 情報伝達を進め、心を安定させる
    • 大豆・大豆製品・乳・乳製品・小魚・青菜
詳しい内容は

 


子育て情報ランキング


-健康・病気・安全, 効率的な勉強法, 食事・ミルク・母乳

執筆者:

関連記事

脳力をあげる方法

「脳力をあげる10の方法」という番組で、プロ棋士の藤井聡太さんの幼児期の育脳遊びや東大生の勉強法などを紹介していたので、私の記録がてら気になる部分だけ紹介していきます。 藤井聡太さんの場合 幼稚園の頃 …

陰山メソッドの勉強

生活の中で読書習慣の身につく環境作りが大切。 子供が知りたい気持ちを逃さないために、どこでもいつでも学習できる環境づくり大切 身長計測や体重計測、料理の時など家の中で毎日数字に触れる機会づくりが大切。 …

添加物との付き合い方

添加物について 添加物によっては、発がん性のものもあるらしいので、 添加物を全く避けるのは難しいけど、少しでも減らして 家族の健康を守りたいですね。 食材を購入する際は、必ず裏面の原材料をチェックして …

ダラダラしない子の育て方

「勉強ができるぼく」のつくりかた 東大生は小学校の宿題に5分未満、10分未満を答えた人が半数近くになる。 長時間勉強を目標にしない ストップウォッチを渡す 勉強をさせるコツ 「早く勉強しなさい」と言わ …

小学2年生の夏休みの勉強法

ポイント 1日15~30分 気温が涼しい午前中にするのがおススメ。 「得意を伸ばす」「苦手にチャレンジ」など具体的にテーマを。 夏休みが終わった時点の目標(例:漢字博士、縄跳びチャンピオンなど)を決め …