4ヶ月 5ヶ月 0ヶ月・新生児 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月

0歳前半からのおススメの絵本

投稿日:

0歳からの絵本の読み方&遊び方

  • 手遊び歌で楽しい読み聞かせの始まりを伝える
  • オープニングはぬいぐるみに語らせる
  • 読むときは子供と寄り添いながら
  • お話を世界に入り込んでいる子には絵本の世界をじゃましないように
  • 最後は、絵本の表と裏表紙を広げて見せて「お・し・ま・い」
  • 赤ちゃんの機嫌のよい時に絵本を見ながら
    語りかけたり歌ったり、絵が単純で色彩がきれいで
    言葉の響きが美しく楽しいものがおススメです。

 

0歳前半におススメの絵本

あーんあん (あーんあんの絵本 1)

あーんあん (あーんあんの絵本 1)
保育園に行くのはいいけれどお母さんが帰っちゃいやだとぼくが泣きだすと、みんなもいっしょに泣きだして……。

ブルーナのしかけであそべるあかちゃん絵本(1) ミッフィーの いないいない だあれ (げんきしかけえほん)

ブルーナのしかけであそべるあかちゃん絵本(1) ミッフィーの いないいない だあれ (げんきしかけえほん)
赤ちゃんのためのコンパクトなしかけ絵本。窓の穴からミッフィーがのぞいたりママがのぞいたり……。ページの穴あきで「いないいないばあ遊び」が楽しめるしかけ絵本です。

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
「たまごのなかでかくれんぼしている
あかちゃんはだあれ? でておいでよ」と呼びかけると、卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。

あがりめ さがりめ―おかあさんと子どものあそびうた

あがりめ さがりめ―おかあさんと子どものあそびうた
この絵本では、手遊びや、身体を使った遊びのためのわらべうたを、子ども自身が「これ、やって!」と思うように紹介してみました。

いぬがいっぱい (福音館あかちゃんの絵本)

いぬがいっぱい (福音館あかちゃんの絵本)
犬を目にしては「ワンワン!」とうれしげに声をあげるあかちゃん。絵本のなかにいっぱいみつけて、きっと大喜び。単純化された、落ちついた色調の絵です。

ぎゅっ

ぎゅっ
おさんぽしていたジョジョくん、みんなが「ぎゅっ」としているのをみてママがこいしくなりました。「ママー!」どうぶつたちのしあわせそうなかお!おもわず、ぎゅっとしたくなる絵本です。

 

4ヶ月からおススメの絵本

てん てん てん (0.1.2えほん)

てん てん てん (0.1.2えほん)
あかいところにくろいちいさなてんてんがあるのは、なんでしょう? ぐるぐるとうずをまいているのは? くらやみにぽっぽっぽっとひかるのは? 昆虫の特徴を学ぶ絵本。

にんじん (いやだいやだの絵本 1)

にんじん (いやだいやだの絵本 1)
「にんじんの好きな子だあれ」うまもきりんも、さるもかばもみんなおいしそうに食べます。では一番すきなのだれ?

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
「赤ちゃんと、どんな風にコミュニケーションとったらいいでしょうか?」こんなお問い合わせをいただくことがよくあります。この絵本はそんな赤ちゃんとご家族にぴったりの絵本です。「いない
いない
ばあ」と語りかけて一緒に楽しむことで、大人もあかちゃんも笑顔になり、心の交流を通じて親子の信頼を深めるきっかけになります。そんな読者の皆さんの体験や信頼が口コミで広がり、支持され続けてきた絵本です。

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
走る汽車にのせてもらうのは、コップとスプーン、哺乳ビン、りんごとバナナ。それからねずみやねこまでのりこみます。どれもあかちゃんになじみのものばかりです。

 

 

-4ヶ月, 5ヶ月, 0ヶ月・新生児, 1ヶ月, 2ヶ月, 3ヶ月

Copyright© 育児・教育の情報ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.