健康・病気・安全 育児情報

赤ちゃん・子供の薬の上げ方・与え方

投稿日:2016/03/16 更新日:

薬のあげかた

  1. 服薬ゼリーは使う前に水分をよく切る。
  2. スプーンにゼリーをのせる
  3. ゼリーからはみ出ないように薬をのせる
  4. その上にまたゼリーをかけて、薬をはさみます
  5. 普通のゼリーでも、濃い味ならゼリーに切り込みを入れ、その間に少量の薬を入れる。
  6. 途中や最後に薬抜きのゼリーを与えると効果的です。

薬を吐いてしまったら

  • 抗生物質などきっちりのませないといけない薬は、飲んで20分以内に吐いてしまったら、もう一度飲んだ方がいいそうです。

おすすめ

  • かかりつけ医はもちろん、薬局も同じだと安心です。
  • 薬によっては苦みが出てくるのもあるので、薬剤師さんに飲ませやすい上げ方を聞くのもありです。

我が家の場合

  • 我が家の子供たちは長い間、水で練り状にして与えていました。
  • 怖がり慎重派の長男は7歳で錠剤を飲めるようになりました。
  • 思い切りの良い次男は、5歳で練り状にしなくても粉の薬はそのまま飲めるようになりました。

 

 


子育て情報ランキング


-健康・病気・安全, 育児情報

執筆者:

関連記事

no image

兄弟げんかの対処法

上の子下の子きょうだい育て―綱わたり生活をのりきる知恵 元気な子育て応援シリーズ きょうだいが仲良く育つためのヒント―上の子・下の子・真ん中の子 「きょうだい」の上手な育て方―子どもの不満と親の不安を …

子供の心を傷つける親の関わりチェックリスト

子供の心を傷つける親の関わりチェックリスト 一生懸命しつけを行う よいことをした時だけ過剰にほめる 親の気分によっていうことが変わる 夫婦の間でのいがみ合いが多い 子供の対し、たくさんの決まりごとを作 …

いじめが分かった時の対応策

いじめない力、いじめられない力 60の“脱いじめ”トレーニング付 いじめられっ子 「いじめる方は悪くて、あなたは悪くない」ことを伝える 学校は休ませる 携帯電話、パソコンは親が管理する 責 …

子供に教えたいしつけ&マナー

子どもの性格を決める0歳から6歳までのしつけの習慣 しつけとは 子どもが1人で生きていく方法を身につけてあげる しつけの第一歩は「子どもを受け止めること」 しつけは「教育」ではなく「共有」 トライ&エ …

赤ちゃんの夏のお世話

 シーン別の工夫・コツ 部屋 湿度は50~60%が快適 エアコンの温度は26~29度 ベビーバスなどで水遊び 室内では肌着1枚で カップの水を触らせるとご機嫌になる おむつ ドライヤーの冷風でムレ予防 …