その他

おっぱい・母乳のトラブル対処法

投稿日:2011/12/27 更新日:

ベルメゾンネット

良い母乳でが出るコツ

おっぱいにいい食べ物

  • ごはん
  • 具だくさんの汁物
  • 根菜類
  • 野菜スティック
  • 乳製品や甘いものは避けよう

おっぱい・母乳のトラブル対処法

母乳の出が悪い

  • とにかく吸わせる!出なくても吸わせることが大事です。
  • 乳房ケア・マッサージをする
  • 肩を回し血行を良くする(ストレッチなど)
  • 漢方のゴボウシを煎じて飲んだり、炒って食べたり。
  • 和食中心によく噛んで食べる。
  • 湯船でしっかり温まる。
  • 乳房にヒマシ油湿布で乳房の血行を良くする。
  • 水分摂取を忘れない。
  • プレナーシング マッサージクリームの最安値
    乳汁の詰まりを防ぎ、うっ滞性の張りや痛みを緩和し、母乳の出をよくするマッサージクリームです。
  • マミーホット&クールの最安値
    おっぱいが張ってこない。母乳の分泌量が少ない…。こんなときは温湿布をしてマッサージして血行促進です。
  • 蒲公英根の最安値
    母乳の出が良くなります。
  • バストンハイの最安値
    乳房・乳腺の発育不充分の者で、産後の体力が回復し難い場合の乳腺発育促進、乳汁欠乏症、乳汁分泌促進

乳腺炎になってしまった

授乳中に赤ちゃんが眠ってしまう

  • 乳首がかたくて飲み疲れてしまっているかも
  • 赤ちゃんが吸う力が弱い場合は、少しずつ飲ませる

赤ちゃんが乳首に吸い付けない

母乳が出すぎて、赤ちゃんがむせてしまう

  • 飲ませる前に搾乳しておく
  • 飲ませすぎて吐くことがあれば、途中でげっぷを出してあげる
  • 頭の位置を高めに

母乳が足りているか分からない

  • 1日におしっこ5~6回、うんち1回(便秘は除く)して元気があって、よく泣くなら足りているでしょう。あと、体重もチェックできたらしたいですね。

よく眠って授乳時間が空いてしまう

  • 生後1か月までは、3時間あいたら起こして飲ませた方がいいです。
    おむつ替え、足の裏をくすぐったりして起こしましょう。

乳頭・乳輪が切れた・ひび割れた

  • 赤ちゃんの乳頭のくわえ方が浅いと、乳頭に負担になるので乳首だけでなく乳輪まですっぽりくわえるように吸わせる。
  • 授乳後は、乳頭をかわかして衣類などをつける。
  • 授乳終了の時に、無理に赤ちゃんの口から離さず、そっとはずそう。
  • 乳頭が渇いたら、ワセリン等を塗る。
  • 傷が治ってから、授乳を再開しよう
  • 乳首マッサージをして柔らかくしておこう
  • ママニップルの最安値
    乳首に傷があり授乳時に痛む方、扁平・陥没・小さい乳首の方、歯がはえかけの赤ちゃんの授乳時などに、乳首を保護するシリコーン製の乳頭保護器です。

乳房が張る

  • 授乳時間が空くと張りやすいので、赤ちゃんにたくさん吸わせる。
  • 出来るだけ、油分の多い食事は避ける。
  • 痛むときは、乳房を冷やす。
  • 絞りすぎない程度に搾乳する。

かゆみ

  • 授乳後に、乳房を清潔にして乾燥させる。

授乳時間

  • 授乳間隔が短い場合は、それ以外で泣いている理由も探っても
  • 1時間など長時間おっぱいから離れない場合は、おっぱいが足りていない可能性がある
参考資料

 


子育て情報ランキング


-その他

執筆者:

関連記事

no image

女の子の育て方

女の子が幸せになる子育て 女の子を伸ばす母親は、ここが違う! お母さん次第で女の子はぐんぐん伸びる! 女の子の育て方―女の子の本質と気持ちがよくわかる     女の子の特徴 新しい …

楽器を上手に弾けるようになる育児法

楽器を上手に弾けるようになる育て方 1才 (目標)音感・リズム感の基礎を作る (実践)メロディに合わせて手をたたくなどして、体全体で音楽を吸収し情操を養う 子どものコミュニケーション力を高める!音楽遊 …

no image

子供が不良の友達と遊んでいる時の対処法

思春期の子が待っている親のひと言 心が見えてくる魔法のコミュニケーション こんな時どうする?子どもの友だち・親同士―先輩ママのアドバイス! 「友達力」で決まる! 子供の「人間関係力」を育むために、親に …

no image

子供を肥満にさせない方法

子供の肥満を防ぐ100のレシピ こどもの肥満解消BOOK―6歳~13歳のこどものための食生活・運動ガイド 赤ちゃんから始める生活習慣病の予防     子供を肥満にしない様に気を付け …

no image

イヤイヤ期の基本的な対応法

  なぜいけないか、できないか、納得できるように説明をする子供の混乱した気持ちを受け止め、「でもね、あれは危ないからダメなの。○○ちゃんはもう大きいから分かるよね?」など短い言葉で説明を。「 …