その他

おっぱい・母乳のトラブル対処法

投稿日:2011/12/27 更新日:

ベルメゾンネット

良い母乳でが出るコツ

おっぱいにいい食べ物

  • ごはん
  • 具だくさんの汁物
  • 根菜類
  • 野菜スティック
  • 乳製品や甘いものは避けよう

おっぱい・母乳のトラブル対処法

母乳の出が悪い

  • とにかく吸わせる!出なくても吸わせることが大事です。
  • 乳房ケア・マッサージをする
  • 肩を回し血行を良くする(ストレッチなど)
  • 漢方のゴボウシを煎じて飲んだり、炒って食べたり。
  • 和食中心によく噛んで食べる。
  • 湯船でしっかり温まる。
  • 乳房にヒマシ油湿布で乳房の血行を良くする。
  • 水分摂取を忘れない。
  • プレナーシング マッサージクリームの最安値
    乳汁の詰まりを防ぎ、うっ滞性の張りや痛みを緩和し、母乳の出をよくするマッサージクリームです。
  • マミーホット&クールの最安値
    おっぱいが張ってこない。母乳の分泌量が少ない…。こんなときは温湿布をしてマッサージして血行促進です。
  • 蒲公英根の最安値
    母乳の出が良くなります。
  • バストンハイの最安値
    乳房・乳腺の発育不充分の者で、産後の体力が回復し難い場合の乳腺発育促進、乳汁欠乏症、乳汁分泌促進

乳腺炎になってしまった

授乳中に赤ちゃんが眠ってしまう

  • 乳首がかたくて飲み疲れてしまっているかも
  • 赤ちゃんが吸う力が弱い場合は、少しずつ飲ませる

赤ちゃんが乳首に吸い付けない

母乳が出すぎて、赤ちゃんがむせてしまう

  • 飲ませる前に搾乳しておく
  • 飲ませすぎて吐くことがあれば、途中でげっぷを出してあげる
  • 頭の位置を高めに

母乳が足りているか分からない

  • 1日におしっこ5~6回、うんち1回(便秘は除く)して元気があって、よく泣くなら足りているでしょう。あと、体重もチェックできたらしたいですね。

よく眠って授乳時間が空いてしまう

  • 生後1か月までは、3時間あいたら起こして飲ませた方がいいです。
    おむつ替え、足の裏をくすぐったりして起こしましょう。

乳頭・乳輪が切れた・ひび割れた

  • 赤ちゃんの乳頭のくわえ方が浅いと、乳頭に負担になるので乳首だけでなく乳輪まですっぽりくわえるように吸わせる。
  • 授乳後は、乳頭をかわかして衣類などをつける。
  • 授乳終了の時に、無理に赤ちゃんの口から離さず、そっとはずそう。
  • 乳頭が渇いたら、ワセリン等を塗る。
  • 傷が治ってから、授乳を再開しよう
  • 乳首マッサージをして柔らかくしておこう
  • ママニップルの最安値
    乳首に傷があり授乳時に痛む方、扁平・陥没・小さい乳首の方、歯がはえかけの赤ちゃんの授乳時などに、乳首を保護するシリコーン製の乳頭保護器です。

乳房が張る

  • 授乳時間が空くと張りやすいので、赤ちゃんにたくさん吸わせる。
  • 出来るだけ、油分の多い食事は避ける。
  • 痛むときは、乳房を冷やす。
  • 絞りすぎない程度に搾乳する。

かゆみ

  • 授乳後に、乳房を清潔にして乾燥させる。

授乳時間

  • 授乳間隔が短い場合は、それ以外で泣いている理由も探っても
  • 1時間など長時間おっぱいから離れない場合は、おっぱいが足りていない可能性がある
参考資料

 


子育て情報ランキング


-その他

執筆者:

関連記事

no image

水いぼの治し方

 『健肌の滴』は アトピー、水いぼ等皮膚病にお困りの方に大好評です。最安値!【送料無料】水… 山本漢方 ヨクイニン末/粉末/肌荒れ・水いぼに山本漢方 ヨクイニン末 400g(200g×2袋 …

no image

子供の好き嫌いを減らす料理法

  偏食解消で大人気。 さくらしんまち保育園の給食レシピ なんでも食べる子になる 1歳、2歳からの偏食解消レシピ どうして食べてくれないの?―子どもの食事–これだけ知っていれば大 …

no image

視力のいい子を育てる方法

小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)がサイコー!  子どもの視力がぐんぐん良くなるトレーニング 子供の近視予防・視力トレーニングキット 眼育ingBOX(メイキング・ボックス)【眼育まるわ …

no image

ヨコミネ式・男の子育て方

 男の子を伸ばす母親は、ここが違う! 男の子の育て方~「結婚力」「学力」「仕事力」。0~12歳児の親が最低限しておくべきこと。~ 男の子の脳を伸ばすのはどんな親?     ヨコミネ …

赤ちゃん・子どもを泣き止ませたい時

赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ 私は 長男が赤ちゃんの頃は、「早く泣き止ませないと!」と思っていたので、育児ストレスがスゴかったです。 でも、赤ちゃんが泣くことは、「不快だから」だけではないそ …