小学校 算数

算数の教え方

投稿日:

親の基本姿勢

  • まずは子供目線に立つ。子供が理解できるまで、ひとつひとつ丁寧に教える
  • 親がお手本を見せながら「何をどう変えるといいか」を具体的に示す
  • 「10問中7問もできてるね」と×ではなく○に注目してほめる
  • 「ここ、どうしてこう考えたの?」でつまずきポイントを見つける
  • 「うーん、どうすればいいだろうね」と親も一緒に考える
算数ができる子の親がしていること (PHP文庫)

声掛け&教え方

  • 「算数苦手よね」 → 「字がキレイに書けてる、10分すごい集中できたね」
  • 「この間、これやったじゃない」 → 「この問題、どこが間違ったか分かる?」
  • 「こんな簡単な問題できないの?」 → 「まずはこの問題ができるようになろうね」
  • 「やれば出来る子なんだから」 → 「がんばったら出来るようになったでしょ」
  • 「早とちりなんだから」 → 「計算式を写してから解こうか」
  • 「こんな計算くらいできるでしょ」 → 「まずは式を作ろう。次に計算はいつもの2倍の時間をかけて解いてみようか」
  • 「ちゃんと式を書かなきゃダメでしょ」 → 「どんな風に考えて解いたの?それを式に直すと、こう書くんだよ」
  • 「ダラダラしない」 → 「どうやって解くか、知ってる?まずは…(解き方を教える)」
  • 「それ2年生の計算でしょ」 → 「ママも足し算、ちょっと苦手。一緒に計算競争してみようか」
  • 「字が雑だから間違えるの」 → 「計算スペースと解答スペースを分けて書こうね」
  • 「どうしてテストだとできないの」 → 「×があってもいいんだよ。×は、今できないところを教えてくれるから」
参考資料


子育て情報ランキング


-小学校, 算数

執筆者:

関連記事

no image

小学2年生の勉強法

全科プリント 小学2年 読んでおきたい名作 小学2年 全科まとめて 小学2年―ポイントをしっかり復習 (きりとるドリル) 総復習ドリル 小学2年 全科特訓ドリル 小学2年 カラー版   &n …

no image

男の子の悩みの親の対応法

  小学生 友達と比べて自分は「できない」と落ち込む まずは子供のいいところを認めてやる。それから「一緒にがんばろうか!」と誘って。 いじめを受けているみたい。でも親には話してくれない。 子 …

no image

志望の公立高校に入るために小学生のうちからやっておきたいこと

小学漢字1006―読み方、書き方がすぐわかる! 作文力・学力の超基礎書く力をつける―ひぐち先生の書きことば塾 新 東大生100人が教える小学生の勉強法 総合篇―これ1冊で全教科6年分   & …

思春期・反抗期の育児のコツ・対処法

思春期の子が待っている親のひと言心が見えてくる魔法のコミュニケーション 思春期の子供への対応は、尾木ママがよく言っていますね。 言いたいことだけ短い言葉でスパッと伝えて、すぐに引く。 引くことが大事な …

受験に向いている子、向いていない子

受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格! 受験に向いている子 国語力がある子 集中力がある子 親子ともども楽天的で精神的にタフである 基本的に学習姿勢が身についている 早熟な子 地頭がいい 誰も …