発達障害

発達障害の子供の体育の苦手を解決する本

投稿日:

この本を読んで参考になる事がたくさんあったので、一部紹介しますね。詳しくはぜひ読んでみて下さい。

発達障害の子供たちは

  • 身体を上手く動かせないので、「できない」が続き自信をすっかり無くしてしまいがち。
  • プライドが高く、完璧にやりたい気持ちが強い子もいるそうです。
  • 「低緊張」の体は、力が入らずグニャグニャになるタイプ。
  • 「過緊張」は、筋肉がガチガチでリラックスできない状態で、、瞬発系の運動が苦手。

わが子の場合

  • うちの子供達2人とも運動は苦手です。
  • 療育の先生には、「運動は大人になって必要のないスキルだから、むしろラッキー」と言われました。長男は言語、次男は計算が得意なので、そっちの方が大人になってからは大事だから、という事です。
  • かと言って、全然何もしないのも、彼らも自信をなくしたりするので、休日は家族でボール遊びをしています。これのおかげで、うちの子たちはボール遊びはそれほど苦手じゃなくなりました。
  • うちの子たちは、習得するまで時間がかかるだけなのです。「出来ない」わけではないのです。

対処法

  • 「できないって言わない。言うと、本当にできなくなるから」
  • 「できなくていいよ」
  • 体に力が入りすぎているときは、ゆらゆら揺らして緊張をほぐしてあげる。
  • 教えるときは、小さく細かくスモールステップで進めていく。
  • 「すぐには出来るようにならない」と思って根気よく声掛けを
  • ほめるのもメリハリつける
  • 叱る時は、許すライン・譲らないラインを明確に
  • 「120%の全力を出し切る」感覚を意識させる

おススメの運動法

  • ゴロゴロ運動
  • おしり歩き
  • 座ってボール頃がしなどなど


子育て情報ランキング


-発達障害

執筆者:

関連記事

発達障害の特徴・症状・チェックリスト

あくまでも目安です。 でもこのページを覗いたという事は、困っているのかな?と思います。 困っているなら、チェックが少なくても相談だけでもした方が良いと思います。 本人や周辺の困り感が少しでも楽になる情 …

自閉症スペクトラム障害(ASD)の主な特性

アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) コミュニケーション・社会性 相手の気持ちを想像することが苦手 傷つけるようなことを平気で言ってしまう 空気が読めな …

no image

初めての療育センター

発達障害のある子どもができることを伸ばす! 幼児編 家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30 (学研のヒューマンケアブックス) はじめてみよう て・ゆびの療育―自閉症スペクトラムを中心に …

ソーシャルスキルを育てる本 幼児・小学生用を読んで

難しい本が読めない私には、イラスト入りでシンプルに説明されていて分かりやすかったです。発達障害の本はよく読んでいますが、それでもまだまだ参考になり、忘れていたことなどもあり、読んで良かったです。 基本 …

自閉症スペクトラムのコミュニケーション法

真っ先に読むアスペルガー症候群の本―いじめられない、仲間はずれにされない子に育てる  時期別のコミュニケーション法 幼児期 名前を呼ばれたら「はい」。お母さんも呼ばれたらしっかり返事 「ママの顔を見て …